事業概要

開発コンサル 国で定められた法律では、500平米以上の土地を開発するためには、開発許可が必要となります。「開発コンサル」とは、その部分の行政間とのやり取りを行う専門家のこと開発工事の擁壁の構造や地盤の安定性、造成の際に重要な強度を構造計算によってはじき出す専門家の事です。調査をしたものを行政に提出するための資料を作成するプロフェッショナル。 設計士 設計士とは、仕上げた土地に建てる構造物の設計を行う人のこと。商業用テナントの場合ある程度形は定められていますが、それ以外の構造物の場合は、土地の形や地盤等によって計画を立てることが必要となります。設計士は、そういった時の構造物の設計を行うプロフェッショナルです。 土地家屋調査士 土地家屋調査士とは、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を行う専門家のこと。不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられています。しかし、その手続きはとても複雑で一般の方には理解しづらい事があります。そこで、不動産の表示に関する登記に必要な測量のプロフェッショナルです。 司法書士 土地や建物がある程度仕上がった段階で必要となってくるのが、不動産取引の際に必要となる登記。登記に必要になってくる書類を確認し、必要な場合は調査を行います。また、残金決算の立ち合いも重要な役割のひとつです。司法書士とは、登記に必要な書類の確認及び登記申請のプロフェッショナルです。 弁護士 弁護士の仕事は、契約書のリーガルチェックもありますが、時には、複雑な交渉をする際の立ち合いも行います。そうすることにより、決着に時間がかかる取引を円滑に進めることが出来る。弁護士とは法律相談と交渉のプロフェッショナルです。
各分野のプロフェッショナルにアドバイスを受けながら、必要な資料や手続きをあなたの指示のもとで進めていきます